東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル(ツインビル)西館 3F

健康診断

近年の傾向として、病気の種類が感染症から生活習慣病へと変化していることから、健康診断の目的も早期発見や治療のみではなく、生活習慣改善への健康度チェックという目的が大きなウェイトを占めています。
そこで当院では、皆様の生活パターンや目的に合わせた健康診断の種類・健診方法をご案内させていただいております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

一般健康診断 6,000円(税抜)

・身体計測(身長・体重・視力)
・胸部X線

・内科健診(血圧測定を含む)
・尿検査(糖・蛋白)

定期健康診断 9,250円(税抜)

・身体計測(身長・体重・視力・聴力(オージオ法)・腹囲・BMI)
・内科健診(血圧測定を含む)
・心電図検査(12誘導)
・胸部X線検査(直接撮影)
・尿検査(糖・蛋白・潜血・ウロビリノーゲン)
・血液検査
 −貧血(WBC・RBC・血色素量・ヘマトクリット値・血小板数)
 −肝機能(GOT・GPT・γ-GTP)
 −血中脂質(LDL-コレステロール・HDL-コレステロール・中性脂肪)
 −代謝(血糖)

生活習慣病検診 18,500円(税抜)

・身体測定(身長・体重・視力・聴力(オージオ法)・腹囲・BMI)
・内科健診(血圧測定を含む)
・心電図検査(12誘導)
・胸部X線検査(直接撮影)
・尿検査(糖・蛋白・潜血・ウロビリノーゲン)
・血液検査
 −貧血(WBC・RBC・血色素量・ヘマトクリット値・血小板数)
 −肝機能(GOT・GPT・γ-GTP・ALP)
 −血中脂質(LDL-コレステロール・HDL-コレステロール・中性脂肪・総コレステロール)
 −代謝(血糖・HBa1c)
 −痛風・腎機能(尿酸・クレアチニン)
・便潜血反応検査(免疫2日法)
・胃部X線検査(直接撮影)

雇入時健康診断 12,000円(税抜)

(労働安全衛生法第66条・労働安全衛生規則43条)

企業様向け健康診断

定期健康診断や一般健康診断、生活習慣病予防健診・人間ドック等行っております。検診項目・日程・価格等、企業様のニーズ・ご要望に応じて対応可能ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

海外派遣労働者様向け健康診断 30,000円(税抜)

(労働安全衛生規則45条の2)

基本検査(01〜12) 計:18,000円(税抜)
・01:既住歴、業務歴調査
・02:自覚症状、多覚症状(所見)の有無の検査
・03:身長、体重、視力、聴力(1000・4000Hz)の検査
・04:胸部X線検査
・05:血圧測定
・06:貧血検査(Hb・RBC)
・07:肝機能(GOT・GPT・γ-GTP)
・08:血中脂質検査(LDL-コレステロール・HDL-コレステロール・中性脂肪)
・09:血糖検査
・10:尿検査(糖・蛋白)
・11:心電図検査(安静時)
・12:腹囲

医師が必要と認める場合行う検査(13〜17) 計:12,000円(税抜)
・13:腹部画像検査(胃部X線検査・腹部超音波検査)
・14:血中尿酸検査
・15:B型肝炎ウィルス抗体検査
・16:ABO式・RH式血液型検査(派遣時に限る)
・17:糞便検査(帰国時に限る)

※海外派遣前各種予防接種も承っております。お気軽にお問合せください。

オプション検査

・肝炎ウィルス(Hbs抗原・HCV抗体検査) 2,200円(税抜)
・眼底検査 1,500円(税抜)
・腹部画像検査 セット 16,000円(税抜)
 −胃部X線検査(直接撮影) 10,000円(税抜)
 −腹部超音波検査 7,500円(税抜)
・胃内視鏡検査
 −病理なし 18,000円(税抜)
 −病理あり・ピロリ検査含む 45,000円(税抜)
・便潜血反応検査(2日法) 800円(税抜)
・直腸・肛門診 3,000円(税抜)
・婦人科検診 セット 3,000円(税抜)
 −乳房触診 2,000円(税抜)
 −子宮細胞診 2,000円(税抜)
・腫瘍マーカー(CEA・AFP・CA19-9) 3,900円(税抜)
・高感度PSA検査 1,500円(税抜)
・前立腺検査(触診) 1,000円(税抜)

※その他ご希望の検査項目がございましたら、お気軽にお申し付けください。


注意事項:健康診断を受けられる方へ

・健診は食事後3時間以上空けて受けられるようお願いします。食後間もないと血糖や尿糖が高値を示す場合があります。ご注意ください。
・なるべくゆったりした服装でお越しください。ワンピースや濃い口紅はご遠慮ください。
・健康診断受診票/受診券が発行されている場合は、必ずお持ちください。
・妊娠中またはその可能性がある方は、レントゲン検査をお受けになれません。あらかじめ看護師にお申し出ください。

注意事項:胃内視鏡検査・胃透視撮影検査・腹部超音波検査を受けられる方へ

検査の前日
・夕食は消化の良いものを21時頃までにお済ませください。それ以後は何も食べないで下さい。水分は適度に摂っても結構です。
・普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものようにお飲みください。

検査の当日
・朝食(ごはん、パン、味噌汁など)は、絶対にとらないでください。
・薬も、服用しないでください。ただし、血圧のお薬は少量のお水で服用してきてください。
・牛乳、ジュース、日本茶、紅茶、コーヒーなどは飲まないでください。
・湯呑み茶わん1杯ぐらいの水やお湯でしたら、お飲みになって結構です。

検査後
・胃透視撮影検査・腹部超音波検査を受けられた方は、検査後すぐ食事を摂って結構です。
・胃内視鏡検査を受けられた方は、「うがい」はすぐして構いませんが、喉の麻酔が取れるまでは食事をしないでください。
・胃内視鏡検査で前処置の注射を受けられた方は、注射の影響が残りますので車を運転するのはおやめください。


企業様向け健康診断
海外派遣労働者様向け健康診断
診療時間・取扱保険