東京都港区南青山1-1-1
新青山ビル(ツインビル)西館 3F

診療案内

内科

一般内科診療(咳・鼻水といった風邪症状や腹痛・頭痛など痛みに関する初期治療、花粉症など季節特有の疾患など)や、慢性疾患(高血圧症・糖尿病・高脂血症・高尿酸血症など生活習慣病)の日常管理を行なっております。

風邪や花粉症などは早い段階で治療することが肝心です。また、慢性疾患は継続して状態を把握し管理していくことが重要です。

当クリニックでは、患者様おひとりおひとりの病状を定期的にチェックし、変化があった場合には早期に対応できるようにしています。また、「かかりつけ医」として毎日の健康管理を担うと共に、より詳しい検査や入院が必要な場合は周辺病院や大学病院などとの病診連携によりプライマリーケアの実践を心がけています。

「何か体調がおかしい」と感じたときや何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

胃腸内科

吐き気・胃痛・下痢・腹痛などの消化管症状に関する初期治療を行っています。また、胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)、腹部超音波検査、胃バリウム(胃透視撮影)検査等を行なっています。

胸やけ・ゲップなどの症状があるときには逆流性食道炎や機能性胃腸症の可能性があります。胃もたれや繰り返す胃痛などがあるときには胃炎・十二指腸炎などのほかに胃潰瘍や十二指腸潰瘍が隠れている場合があります。初期治療の効果がみられないときには、内視鏡診断により適切な治療を行うことが重要です。

ヘリコバクター・ピロリ菌感染は、萎縮性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの原因になります。また、長期間感染することにより慢性炎症が起こり癌の発生母地になることも知られています。ピロリ菌感染の有無は、血液検査等で判断することに加え、内視鏡で胃の状態を確認することも重要です。

当クリニックでは内視鏡診断から除菌治療、除菌後の内視鏡経過観察まで総合的な診療を行います。

しつこい便秘症、くり返す下痢症、お腹の張りを感じるときには、過敏性腸症候群やその他の腸炎がその原因かもしれません。

おなかの調子で何か気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください。

また、健診等の胃透視検査などで異常所見があった場合の精密検査、肝機能障害等の精密検査も行っております。

予防接種

海外渡航(赴任)、海外旅行、留学などに必要な予防接種の種類は、行かれる国・地域・目的や期間などにより様々です。自分に適した予防接種ワクチンの種類が不明な場合はお問い合わせください。
ワクチンの種類により複数回の接種が必要なものや、数週間の間隔を空けて接種が必要なものがありますので、渡航日程が決まりましたらワクチン接種の計画を早めに立て、時間には余裕を持って接種することをお勧めいたします。

・A型肝炎
・日本脳炎
・水痘(みずぼうそう)
・麻疹(はしか)
・狂犬病
・インフルエンザ(1回目)

・B型肝炎
・流行性耳下線炎(おたふくかぜ)
・風疹(三日はしか)
・破傷風
・インフルエンザ菌b(Hibワクチン)
・インフルエンザ(2回目)

産業医

生活習慣病の増加、過重労働、メンタル面の不調といった問題を背景に、過労死や自殺の予防、有病者に対する配慮義務といった「企業の健康管理に関する法的な義務」が強化されています。各事業場は通常50人以上の労働者を雇用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。
当院では「産業医」を引き受けております。産業医として労働者の健康管理・作業環境の改善を通じて快適な職場づくりを応援し、社員の皆様の健康管理をサポートしていきます。
契約内容・料金等はお問い合わせください。



企業様向け健康診断
海外派遣労働者様向け健康診断
診療時間・取扱保険